Jean Paul GAULTIER(ジャンポールゴルチェ)の買取

 Jean Paul GAULTIER(ジャンポールゴルチェ)は、これまでファッション界をリードし続けてきたフランスの一流ブランド。

 

日本ではDCブランドブームの時に注目されたブランドで、現在でも独特の世界観にのめり込んでいるファンがたくさんいます。

 

 Jean Paul GAULTIER(ジャンポールゴルチェ)のアバンギャルドな世界観は唯一無二の存在で、買取ショップで高く買い取ってもらえる可能性があるブランドです。

 

 

Jean Paul GAULTIER(ジャンポールゴルチェ)のこれまでに展開しているブランドライン

 

【Jean Paul GAULTIER FEMME(ジャンポールゴルチェファム)】

 

 レディースコレクションライン。

 

ビスチェ風のコルセットなど、下着をアウターウェア化したファッションも注目。

 

クチュールとストリートやクラシックとアバンギャルドなど、相反するテーマをファッションに落とし込んでいます。

 

 

【Jean Paul GAULTIER HOMME(ジャンポールゴルチェオム)】

 

 メンズコレクションライン。

 

メンズのスカートを発表するなど、固定概念にとらわれないスタイルが特徴。

 

 

【Jean Paul GAULTIER CLASSIQUE(ジャンポールゴルチェクラシック)】

 

 現在は廃止されているラインですが、ファーストラインよりもシンプルで着やすいと好評。

 

 

【Jean Paul GAULTIER HOMME objet(ジャンポールゴルチェオブジェ)】

 

 現在は廃止されているメンズビジネスライン。

 

 

【Jean's Paul GAULTIER(ジーンズポールゴルチェ)】

 

 ジーンズのほか、価格を抑えたジャケットなども展開されているカジュアルライン。

 

 

【Jean Paul GAULTIER MAILLE FEMME(ジャンポールゴルチェマイユファム)】

 

 インポートコレクションライン。

 

最高級のニットやチュールなどを展開しており、生産数が少ない。

 

 

※2014年、2015年の春夏コレクションを最後に、ジャンポールゴルチェはプレタポルテから撤退。

 

現在は、香水とオートクチュールにフォーカスしています。

 

 

Jean Paul GAULTIER(ジャンポールゴルチェ)の買取について

 

 Jean Paul GAULTIER(ジャンポールゴルチェ)は、ブランド古着を扱う買取ショップ、DCブランドが得意な買取ショップ、もしくはゴシックやゴスロリブランドを扱う買取ショップでも需要があります。

 

 これらの買取ショップでは、ジャンポールゴルチェを強化買取ブランドに指定しているところもあり、人気アイテムや状態の良いアイテムであれば買取査定額をアップしてくれる買取ショップもあります。

 

廃止されたラインのアイテムや限定アイテムなど、手に入りにくいレアなアイテムも高価買取になる可能性があります。