80年代のDCブランドブームのアイテムを高く売るコツ

 

 DCブランドブームを巻き起こしたのは、主に80年代が中心。

 

バブル全盛期の頃で、DCブランドに身を包む若者が街に溢れていました。

 

 当時ブームを巻き起こしたDCブランドで、今も人気が継続しているブランドもありますが、当時のアイテムはさすがにデザインが古いです。

 

そんな80年代のDCブランドブームのアイテムを買取ショップに売ることができるのでしょうか?

 

こちらでは色々な買取ショップでの調査を基に、買取についての情報と80年代のDCブランドのアイテムを高く売るコツもあわせてご紹介いたします!

 

 

80年代のDCブランドブームのアイテムとは?

 

 80年代にDCブランドブームを巻き起こした当時のファッションのキーワードは、「肩パット」「スタジャン」「紺ブレザー」「金ボタン」「モノトーン」「MA-1」「ケミカルウォッシュ」「ダブルのスーツ」など。

 

リバイバルして今トレンドインしているアイテムもありますが、ほとんどが古いと感じるデザインやアイテムですね。

 

 ブームになったDCブランドは、「コムデギャルソン」「パーソンズ」「イッセイミヤケ」「アンダーカバー」「ヒロミチナカノ」「ヨウジヤマモト」「ジャンポールゴルチエ」「メルローズ」「タケオキクチ」「ケンゾー」など。

 

 実際にDCブランドの名前をずらりと並べてみると、実は今でも人気が高いブランドがほとんどですね。

 

80年代に大ブームとなったDCブランドですが、現在はトレンドを意識しながら時代に合わせて進化しています。

 

 

80年代のDCブランドのアイテムを高く売るコツ

 

 今でも人気が高いDCブランドであれば、買取ショップで高く売ることができます。

 

しかし、それはあくまでも現在販売されている新しいデザインの場合。

 

80年代のDCブランドブームの当時のファッションアイテムを売りたい場合は、きっとデザインが古いと判断されてしまうことが多いでしょう。

 

それでも状態が良いものであれば買い取ってくれる買取ショップはあります。

 

 80年代のDCブランドアイテムを1円でも高く売りたいのであれば、DCブランドの買取を求めている買取ショップに売ることをおすすめします。

 

80年代の古いデザインのDCブランドのアイテムは、買取額が低くなる確率が高いです。

 

ですがDCブランドの熱心なファンの方は今でも多く、当時のレアなファッションを求めている方もいます。

 

そのため一部の買取ショップですが、状態が良いものであれば80年代のDCブランドの古着を高価買取してくれるショップはありますよ!